ウーバーイーツ広島。ウーバーイーツとは?仕組みや料金を徹底解説

デリバリーサービス

Uber Eats(ウーバーイーツ)が広島エリアでスタートしています。

街中でウーバーイーツの緑の大きなバッグを背中に担いだ
配達パートナーさんを見かけるようになりました。

2020年2月末現在、
広島市内3区(中区・西区・南区)の一部地域と、
エリアは限定的ですが今後どんどん広がると思われます。

2020年3月11日には福山市でも開始です。

ウーバーイーツとは。
スマホひとつで登録されたお店の料理の宅配が注文でき、
事前に登録した一般の人が配達員として、
自転車やバイクで配達してくれるサービスシステムのこと。

「え?一般の人が家まで配達に来るの?」

怖い。心配。と思う人も多いようですが。

もちろんきちんと登録を済ませた人ですし、
カード支払いにしておけば、
さっと玄関で受け取るだけなので大きな問題はないんです。

自宅だけでなく、
勤務先、公園などの出先にも配達してもらえることができるので、
買い物に出るのが面倒な時はもちろん。

お花見に自分で買いに行かなくても持ってきてもらえる。など
使い方次第ではとっても便利なシステムなんです。

よく利用されてる方から、
「この前はたったの20分で料理が届いたよ!」と教えてくれました。

なるほど!これは便利だわ。とわかったところで。
ウーバーイーツとは?をさらに詳しく解説していきますね。

注文から受け取りまでの仕組み
料金、配達料
メリットとデメリット

新しい時代の画期的なサービスです。
ぜひご参考になさってください。

スポンサーリンク

ウーバーイーツとは?

今夜、私が頂くのは… 似顔絵編|Uber Eats

ウーバーイーツとは。

提携された飲食店、レストラン、ファーストフード店などの料理を、
一般のパートナー配達員が、
注文者の指定した場所に届ける宅配サービスです。

飲食店、パートナー配達員、注文者がそれぞれ利点のある画期的なシステム。

これまで予算や人手の問題で宅配のサービスができなかった飲食店が
これを利用することで配達を希望する方にも提供ができます。

パートナー配達員は空いた時間に働くことができます。

そして注文者はいままで配達がなかったお店の料理を、
好きな場所にスマホひとつで届けてもらえることができる。

なんとも良い関係ですよね。

2014年アメリカのカリフォルニア州で始まったウーバーイーツ。

日本には2016年9月に東京でスタートしています。
意外と数年前から始まっていたんですね。

東京、大阪、京都、神戸、名古屋、福岡とエリアが拡大して、
いよいよ2020年2月18日に広島でもスタートしました。

広島地元民の私もよく配達員の方を見かけるようになりました。
先日もマクドナルドの店内で配達準備をしている方がいましたね。

ウーバーイーツの元となるのは配車サービス「Uber(ウーバー)」。
世界的に利用されています。

「ウーバータクシー」という言葉は聞いたことありますよね?

『もう道端でタクシーを捕まえる必要はありません。お客様の携帯電話から Uber Taxi で配車をご依頼ください。』というキャッチフレーズのとおり。

許可を受けて登録した地域のタクシードライバーを
アプリで手配して乗車できるシステムです。

それが料理の宅配に応用されたのが「ウーバーイーツ」です。

具体的な仕組みは?

スマホに専用アプリをダウンロードし、
アプリから注文すると、

レストランと配達する人がマッチングされ、
希望する場所に料理が届けられる仕組みです。

1品からでも気軽に注文でき、
カード払いも対応できるので受け取るだけで終了です。

広島のエリアは?

広島県の対応エリアは、
広島市内3区(中区・西区・南区)の一部地域。

ウーバーイーツブログの広島記事にはそう記載されていますが。

地図を見ますと国道183号線沿いの一部、
長束、祇園、西原エリアも入っています。

エリアは随時拡大していくとのこと。

現在、登録されてる飲食店はこんなものがありますよ。

定番のマクドナルドやロッテリア、スターバックスはもちろん。
タピオカのお店から、
行ってみたかったおしゃれなイタリアンのお店

広島ならではのお好み焼きなどもあります。
広島に出張や旅行で来られた方にも楽しんでいただけそうですよね。

営業時間

午前9時から午前0時(店舗によって異なります)

配送手数料とサービス手数料

すべての注文に対して配達手数料350円がかかります。

スポンサーリンク

ウーバーイーツの登録方法

Uber Eats の使い方 〜おいしいが、どこでもやってくる。〜 | Uber Eats

ウーバーイーツを利用するにはアプリをダウンロードして事前に登録が必要です。

登録する項目は3つ。
1.連絡先(メールアドレス、携帯電話)およびパスワード
2.名前の登録
3.支払方法の追加

すでにUberアカウントを持っている人は、
Uber Eatsアプリにログインするだけで利用可能です。

その他、
お届け先は自宅と勤務先の両方が登録可能。

支払い方法

支払いは、
クレジットカード、デビッドカードの他、
Apple Payが使えます。

もちろん現金でも支払い可能です。

注文から商品到着までの流れ

実際に注文してから商品を受け取るまでの流れはこちら。
慣れると簡単です。

1.アプリをダウンロードします

2.必要な情報を登録する

3.料理を選ぶ

4.注文の確定

5.料理の到着予定時刻が表示される

6.配達パートナの表示
位置情報、交通手段(バイクか自転車か)、名前、顔写真などの情報

7.配達パートナーの動きをマップ上で確認
リアルタイムで配達パートナーがどこにいるかがわかります。

8.食事を受け取る

9.評価をする
配達パートナー、お店の評価を5段階で評価する

ウーバーイーツのメリットデメリットは?


画期的なサービスですがもちろんメリットとデメリットがあります。

メリット

1.食べたいときに食べたいものを宅配してもらえる。
2.今まで宅配サービスのなかったお店も利用できる。
3.カード払いにしておくと玄関先、指定先で受け取るだけ。
4.一品から注文できる。
5.体調が悪い時、忙しい時に買いに出る手間がない。
6.配達員パートナーの顔と名前が事前にわかるので安心。
7.配達パートナーの現在地がわかるので到着時間が読める。

普通の宅配サービスだと、
「1000円以上購入で宅配可能」など購入金額の制約がありますよね。
そういった決まりがないので、
ひとり暮らしの方など注文数が少ない場合にはとても良いです。

配達パートナーの現在地がわかるのはさすが最新のシステムですね。
宅配を頼んだのはいいけど、
なかなか届かなくて、
いまどこでどうなってるか気になる。
なんていうことがないです。

デメリット

1.配達手数料が350円かかる
2.エリアが限定されている

こういったデメリットがあげられるのではないでしょうか。

また、
特に女性に多いと思いますが自宅の部屋番号を知られたくない。
そういった場合は、
「マンションのエントランス」と指定することもできますし、
近くのコンビニで受け取りも可能。

顔を合わせたくない場合は、
「玄関横に置いておいて」と指定することもできます。

いずれもアプリで注文する際に、
「配達メモ」に詳しく書いておくといいです。

現金のやり取りが発生しないクレジットカード払いなどに限ります。

公園など外出先で受け取る場合

こんなケースはどうでしょう。
お花見をしている公園まで。
出張や旅で宿泊しているホテルへ。

外出先へ届けてほしい場合は、
受け渡し場所をきちんと変更しておくことがポイントです。

変更しないと配達先は「自宅」設定になっているので、
配達してほしい場所を入力します。

お花見など人が多い場所ではわかりづらいので、
こまかくわかりやすく記入するのがポイント。

「〇〇の正面、××カフェの前で立っています」など、
目印となる情報を詳しく書くとより伝わりやすいです。

ホテルでの利用も多いのですが、
セキュリティーのため部屋までは届けられられないので、
エントランス受け取りが一般的です。

配達先を詳しく指定する方法

注文時、料理を選んだあと、
注文を最終確認する画面で『配達メモを追加』という項目が出てきます。
配達パートナーに伝えたいことを具体的に書きましょう。

まとめ


いよいよ広島でもスタートするウーバーイーツについて。

画期的なはじめてのサービス、ウーバーイーツとは?
仕組みや料金、
利用方法、
公園や外出先でより便利に注文する方法を
詳しくお伝えしました。

知れば知るほど便利ですよね。

ひとり暮らしの方はもちろん。
小さいお子さんがいらっしゃご家庭でお母さんの体調が優れない時。

親子グループでお外でピクニックの時に。
なんだかお料理が足りないから配達してもらえたら助かる。

広島に観光やビジネスで来たからお好み焼きでも食べたいけれど。
疲れてしまったからもう外に出たくない。

そんなふうにすごく活用できますよね。

ぜひ利用してみたいのがタピオカのお店!
我が家の子供達はタピオカドリンクを飲んだことがないのですが。
行列に並んでまで飲むのははずかしいと言っているので、
ぜひ今度注文してみようと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました