もみじ饅頭の人気おすすめは?広島駅お土産店と宮島での購入シーン別

もみじ饅頭

広島に遊びに行くのだけど、
広島のおみやげ「もみじ饅頭」を買うなら、
どこのお店が人気でおすすめ?

県外のお友達を広島に案内したときに、
ほとんどの確率で聞かれる質問ですがコレですね。

それが意外とこの答えが難しいんです。

なぜなら、
もみじ饅頭って作ってる製造会社がたくさんあるからなんです。

お土産屋さんでも、
宮島の中を観光しながら歩いていても、

同じようなもみじ饅頭がずらずらと置いてあって、
どれを買ったらいいの!?と混乱してしまうと思います。

そこで、
広島で実際に人気のもみじ饅頭の中から、
人気のおすすめ商品を広島駅お土産店で購入する場合と、
宮島で購入する2つのシーン別でご紹介しますね。

なぜ、シチュエーションを分けるのかといいますと、
広島駅などの大きなお土産屋さんのラインナップと、
宮島には、
宮島にしかない小さなもみじ饅頭屋さんも多いため、
人気店が若干違うからなんですよね。

それぞれ「どんな違いがあって美味しい」のかを、
わかりやすくベスト3をご紹介します。

それではいってみましょう!

スポンサーリンク

もみじ饅頭の人気おすすめは?

もみじ饅頭を作ってる会社っていったいいくつあるの?

そうなんですよね。
もみじ饅頭は現在どこの会社が作ってもいいんです。

諸説ありますが、
もみじ饅頭は明治時代に誕生したとされています。

考案者の「高津堂」の和菓子職人(高津常助)が、
商標登録の更新手続きをしなかったため、
現在はどこの会社が作っても良いことになっています。

ですので、
もみじ饅頭とひとくちに言っても、
私たち広島人がおすすめする広島にお店があるものとは別に、

広島以外のメーカーからも、
そしてイオンやセブン&アイ・ホールディングスなどのプライベートブランドからも
たくさん「もみじ饅頭」といった名前が付いた商品が販売されています。

ここでは、
スーパーのお菓子コーナーで安価で販売されているものは
外してお話しています。

広島の観光地やデパートなどで販売されているもみじ饅頭は
「すべて美味しい」です。

そしてお店によって、
生地、
あん、
製法などの違いがあります。

ですから、あとは個人の好みに左右されるんですよね。

そこで、ここでは少しでもわかりやすく、
他店のもみじ饅頭と比べてどんな違いがって美味しいのかをお伝えしますね。

もみじ饅頭人気おすすめベスト3広島駅お土産コーナー編

広島駅で買うべき人気もみじ饅頭店ベスト3はこちら。
1.にしき堂
2.藤い屋
3.やまだ屋、廣島 香月

広島駅ではキオスクなどの小さな販売店をはじめ、
さまざまな場所でもみじ饅頭が販売されています。

いろいろな種類から一度に選びたい時におすすめなのが、
2018年9月にグランドオープンした、
広島駅新幹線の新しい商業施設「ekie(エキエ)」です。

もみじ饅頭だけではない、
広島に関するあらゆるお土産品、スイーツ、名産品などが揃っています。

カフェやレストランもあるので、
出発までの時間、広島名物を楽しむことができますよ。

そのekieで販売されているもみじ饅頭は、
にしき堂、藤い屋、やまだ屋、廣島 香月の4店舗。

もう、広島人がおすすめするもみじ饅頭老舗の代表格ですね。

こちらをランク付けするのは大変難しいのですが、
管理人広子の独断で。
私がお友達にいつも勧めているベスト3の順番です。

順にお伝えしますね。

にしき堂

広島駅からすぐ近くの光町に本店がある老舗店。
安心してお土産で購入できる名店です。
お味は上品ですよ。
広島でも贈答品としてよく扱われています。

にしき堂のもみじ饅頭は、
こしあん、粒あん、チーズクリーム、チョコレート、お餅、お芋

生地は少し甘さ控えめですが、
その分あっさりといただけます。

一番のおすすめはこしあん。
にしき堂といえば、こしあんですね。
なめらかな上質なあんの風味が生きています。

私が大好きなのは、つぶあん。
あずきのつぶがごろごろしていて、
つぶあん好きにはたまらない食べごたえです。

もみじ饅頭ではないのですが、
にしき堂が開発した新しいタイプのもみじ饅頭「生もみじ」が
とっても好評です。

もみじ饅頭とは生地が違い、
餅粉と米粉が使われていて生菓子なんです。

まるでお餅を食べているようなもっちりとした食感が大人気で、
もみじ饅頭はいつも食べているから。といったような方にも
おすすめの新しいタイプのお菓子です。

注意点としては、
にしき堂は宮島にお店がないので、
宮島では購入できません。
だからこそ、広島駅ではぜひお勧めしたいメーカーです。

藤い屋

こちらも老舗の名店です。
宮島のある広島県廿日市市が本店になります。

藤い屋のもみじ饅頭は、
こしあん・粒あん・抹茶あん・チョコレートカスタードの5種類。

人気はこしあん。あんはやわらかめです。
生地はしっかり甘みがあり、
たとえるならベビーカステラのようなイメージですね。

藤い屋は宮島にも大きな店舗があるので、
そちらでもゆっくり購入できますよ。

やまだ屋、廣島 香月

こちらの2つは甲乙つけがたいですね。
しかも広島駅ekieでの扱いが全部で4店舗となるとなおさらです。

特長としては、
やまだ屋は味のバリエーションが豊富です!
面白い味、珍しい味をいろいろとばら売りで買いたいなら、
やまだ屋。

ラインナップをご紹介すると・・・。
こしあん、つぶあん、クリーム、チーズクリーム、チョコ
コーティングチョコ、抹茶、栗っ子、黒、白、赤、レモン、
みかん、紅芋、藻塩、大もみじ、ぶどう。

読んでいて、え?ってなりましたよね。
黒、白、赤って何?って。

そうです、そうです。
そうやってすっごく選ぶ楽しさと、
お土産として誰かに渡す、一緒に食べる楽しさは
他店とはくらべものになりません。

スポンサーリンク

やまだ屋さんは宮島本店で手焼き体験もできるという特長も
あわせてお伝えしますね。

廣島香月は、パッケージがカープ柄があったりするので、
見た目インパクトで差別化を図るならとにかくイチオシ。
味も親しみやすくて美味しいです。

にしき堂、藤い屋は少々大人向けといったところなので、
小さなお子様向けの味わいで私はおすすめです。

もみじ饅頭人気おすすめベスト3宮島観光編

それでは、
宮島を観光しながら、買うべき人気もみじ饅頭ベスト店3はこちら。
1.紅葉屋揚げもみじ
2.岩村もみじ屋 
3.おきな堂

宮島には先ほどご紹介したような、
有名メーカーはもちろんのこと、
宮島だけに店舗を構えて古くから営業されてる、
こだわりの昔ながらのお店もたくさんあります。

大手メーカーとは違って、
それがまた風情もあり、
昔ながらの手作り製法がおいしかったりするんですよね。

フェリー乗り場のある宮島口から、
宮島にしかないお店がどんどん見つかるのでワクワクしますよ。

こちらもランク付けは本当に難しいのですが、
ベスト3をご紹介します。

紅葉屋揚げもみじ

広島県廿日市市宮島町448-1

最近はテレビや雑誌などでも紹介されることが増えて
とても有名になった揚げもみじのお店「紅葉屋」です。

揚げもみじは紅葉屋の登録商標です。

その名の通り、
もみじ饅頭に衣をつけてあげてあるのですが、
これがもうサクサク、ホクホクで美味しいんです。

油で揚げるってどうしてこんなに美味しくなるんですかね。

あるようでなかった発想ですよね、
もみじ饅頭を揚げて商品にするなんて。

なんでも、
形があまりきれいに仕上がらなかった商品を
どうにかして再生したいという思いからのアイデアだそう!

なるほど。きっかけがまた商品愛を感じられます。

広島市民の私でさえ、
宮島に行くとなると「必ず、揚げもみじ食べよう!」って
楽しみになってしまうくらい、毎回必ず食べます。

大人も大好きだし、
お子さんもすっごく気に入る味です。

うちの息子たちも必ず一緒に並んで買います。

注文したらすぐ目の前で揚げてもらうことができるので、
本当に「やけど注意!」という感じで、
ほくほく揚げたてを渡してもらえます。

お店の奥には座って食べるスペースがあるので、
ふーふーしながらゆっくり食べられます。

味のラインナップは、
あんこ、クリーム、チーズ、
瀬戸内レモン、レアチーズ、揚げもみソフト。

調べていて初めて知りました!揚げもみソフト、初めて聞きましたね。

ソフトクリームに、
揚げもみじがトッピングされている写真がありました!

これは暑い時期にいいかも。

私はいつもチーズを選んでしまいます。
揚げるならチーズが合うでしょう!という理由で。

次回は揚げもみソフトにチャレンジしたくなりました。これは楽しみ。

なんと2019年10月から広島駅ekie1階に
紅葉屋のショップがオープンし、
揚げもみじが食べられるようになりました。

宮島に行かないと食べられないと思っていましたが、
広島駅でも味わえるなんて。

もちろん、観光しながら宮島の風景といっしょに食べるのがだいご味なのですが。

時間の都合で宮島には足を延ばせない場合や、
宮島でうっかり食べ損ねた時には思い出してくださいね。

岩村もみじ屋

廿日市市宮島町中江町304-1
明治末期から続く老舗店で
宮島で一番古くからあるお店とされていて、
つぶあん発祥のお店と言われています。

昔ながらの風情あふれるお店です。

そして特長は「あんこ」が美味しいんです。

手作りで焼き上げられているので、
混雑時には待つこともあるとか。

店先には縁台が用意されているので、
焼きたてほやほやをいただくことができますよ。

あんこがたっぷりはいっている、
手作り感がほっとするやさしい美味しさです。

工場生産ではない手作りのもみじ饅頭の良さが楽しめる老舗店です。

おきな堂

広島県廿日市市宮島口1-10-7
フェリー乗り場のある宮島口にあるお店です。

厳島神社のある宮島とは対岸になります。
宮島で買うなら「おきな堂」と言う地元住民も多いんです。

いつも列ができている印象があります。

特長はふわふわなやわらかい生地。
まるでカステラみたいと表現するお友達もいます。

味は、
こしあん、クリーム、チーズ、
チョコレート、大納言。

3日間しか持たない『やきたてそのままタイプ』と、
10日間保存ができるようにした『日持ちタイプ』があります。

生地のふんわり感がとにかく大好きという評判もよく聞きます。

宮島の観光がえりに、
フェリーを降りてから帰るのでお土産にはぴったりですね。

まとめ

もみじ饅頭の人気おすすめ。
広島駅お土産店と宮島での購入シーン別にご紹介しました。

まとめますと。

もみじ饅頭はどれもおいしいです。

しかもお店によって特色がありますので、
もう好みの問題としかいいようがないんですよね。

特に宮島を散策するのなら、
食べ歩き、食べ比べを楽しんでください。

ほとんどのお店が店内で飲食できるようスペースが作られていますし、
お茶のサービスがあるところも多いです。

焼きたてが味わえるお店がほとんどなので、
その美味しさに驚くと思います。

食べ比べるうちに自分なりの好みのお店が出てくるので、
ぜひそこでお土産を買われては?

お友達のお子さんは、
どうしてもあそこのお店の味が忘れられなかった!
お友達にも渡してあげたいと、
フェリー乗り場近くに戻ってから、
また走ってお店に引き返していった子もいます。

だから、最近は観光終盤で「また戻りたいお店はない?」と聞きながら
友人を案内するようにしているくらいです。

あなたのお好みがみつかるといいですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました